京都大学/東京工業大学 首藤研究室

首藤研究室は、ソフトウェアとネットワークに取り組む研究室です。 数台から数百万台以上までのコンピュータを連携させる方法の追求と、連携することで初めてできることの研究をしています。

top-5column

国際会議 IEEE BigComp 2024 に論文採択(2023年 12月)

田中、首藤の論文が国際会議 IEEE BigComp 2023 に採択されました。

Hidemasa Tanaka, Shiori Hironaka, Kazuyuki Shudo: “Quantitative Analysis of the Reward Rate Disparity Among Delegators in a DPoS Blockchain”, Proc. 2024 IEEE Int’l Conf. on Big Data and Smart Computing (IEEE BigComp 2024), 2024年 2月 18日〜21日 (regular paper)

DPoS ブロックチェーン、具体的にはバイナンス社の BNB Chain での、デリゲータ(投資家)間での利益率の格差を調査した論文です。

国際会議 IEEE VCC 2023 に論文採択 (2023年 10月)

森脇、首藤の論文が国際会議 IEEE VCC 2023 に採択されました。

Taisuke Moriwaki, Kazuyuki Shudo: “Gossip Distillation: Decentralized Deep Learning Transmitting neither Training Data nor Models”, Proc. IEEE Virtual Conf. on Communications (IEEE VCC 2023), 2023年 11月 28〜30日 (accepted)

非集中分散な深層学習にて、通信量を大きく減らす手法を提案した論文です。Knowledge Distillation を応用します。

論文誌 Journal of Informetrics に論文採録決定 (2023年 10月)

中嶋、Liu、首藤、増田 (U. of Buffalo) の論文が論文誌 Journal of Informetrics に採録決定しました。

Kazuki Nakajima, Ruodan Liu, Kazuyuki Shudo, Naoki Masuda: “Quantifying gender imbalance in East Asian academia: Research career and citation practice”, Journal of Informetrics, Elsevier, 2023年 (accepted)

1950〜2020年の論文を調べて、東アジア:中国・日本・韓国の研究業界における男女の不均衡を調べた研究です。